半田先生の労災防止セミナー

2016_0topbannar_01.gif


セミナー概要

2016_radderaccident.jpg

昨今、リスクアセスメントの必要性が叫ばれています。職場の危険源を見つけ出し、日頃の管理に結び付けることが、災害や事故を防止するマネジメントの骨格になります。本セミナーでは、全産業で毎年およそ11万件(製造業はそのうち約4割)発生し、1千名弱の方が亡くなっている「労働災害」を取り上げます。

豊富な労働災害事例を取り上げ、キーワードでパターン別に整理し、潜在的な危険源を見つける能力、危険源が労働災害に至るしくみ、災害からの教訓、労災を防ぐコツや考え方を体系的に学びます。労災防止のための安全マネジメント能力の向上は、企業にとってかけがえのない宝である「人」、すなわち労働者の生命と安全を守ることに繋がります。

本セミナーでは安全管理と人材育成の専門家・半田講師を迎え、労働災害防止のための管理のポイントを平易に学べる1日コースを用意しました。様々な業種における安全管理や教育担当の初心者からベテランまで、幅広く学習頂ける実用的カリキュラムです。ぜひご活用ください。

こんな関心をお持ちの方にお薦め!

  • 労働災害の過去に起こった事例と教訓を学びたい
  • なぜ労働災害が起こるのか、潜在危険が災害にどうつながるのか、知りたい。
  • 安全を担当しているが、労働災害を未然に防ぐポイントは何かを学びたい 
  • 職場の危険源を洗い出す目を養いたい
  • 労働災害について体系的に基本から学びたい

 

開催日程・概要・会場

※10:00(開講)~16:00(終了予定)(受付開始:9:30~)

日程/タイトル 概要

2017年
2月24日(金)

災害事例から学ぶ
労働災害安全マネジメントのポイント

  • 第1講:墜落落下、飛来、転倒、踏み抜き
  • 第2講:挟まれる、巻き込まれる、崩落、倒壊、切る
  • 第3講:薬傷、酸欠、中毒
  • 第4講:激突する・される、感電、無理な動作、熱中症
  • 第5講:まとめ

会場 TKP神田駅前ビジネスセンター 5G会議室(千代田区鍛冶町2-2-1三井住友銀行神田駅前ビル5階)

1本部地図.bmp
※JR神田駅南口または東口から徒歩2分(今川橋交差点方面)

 

受 講 料

  一 般 会 員
受講料(税込)(1日) 19,800円 12,800円

※ 当協会(一般社団法人産業環境管理協会)の会員の方への優待価格となります。

講師プロフィール

2016_bannar03_03.gif

半田 安(はんだやすし)
1950年、神奈川県生まれ。三井化学株式会社にて、千葉県にある石油化学工場で保全・設計・建設・技術管理に永年従事。 2006年より千葉県茂原市に同社技術研修センターを立ち上げ、初代所長に就任。訓練用プラントや実習体験型設備などを活用し、高度な安全技術を身に着けた次世代の化学プラント運転員を育成。国内外の約50年間3500件の化学プラントを中心にした事故事例を自らキーワードで整理し、平易に体系的に学べる事故防止の安全教材を整備。「自らの知恵や経験を次世代に残したい」という情熱と、分かりやすい講義や教材には、化学以外の業種の聴講者からも定評がある。保安防災や安全教育のプロフェッショナル。

ホームページhttp://www.geocities.jp/handanha/

申込方法

ウェブサイトから申し込む

※お支払方法で銀行振込を選択した場合、受付後に受講票・請求書等を発送させていただきます。
※コンビニ・ペイジー決済を選択した場合、ご入金確認後に受講票を発送させていただきます。

btn_weborder_04.gif
 

申込用紙をダウンロードして申し込む

下記より申込用紙をダウンロードの上、FAXにてお申込みください。
FAX 03-5209-7717

※お支払方法は銀行振込になります。受付後に受講票・請求書等を発送させていただきます。

btn_content02_03.gif
 

ページの先頭へ戻る